「明日やろう」と先延ばししてしまう原因とたった1つの対策!

あなたは「明日やろう」と先延ばしにしてしまうことはありませんか?

ダイエット、禁煙、終わらない仕事、家事など、人によって様々なことがあると思います。

なぜ私たちは「明日やろう」と先延ばししてしまうのでしょうか。

それは、人間には「明日はもっとできる」と考える習性が備わっていたからです。

もし、あなたが何かを「明日やろう」と思っているのであれば、原因とたった一つの対策を知ることによって、今日行うことができるでしょう。

明日はもっとできると思ってしまう原因とは!

私たちは明日はもっとできると楽観視してしまう習性があります

「今日はできないけれど、明日にならば時間を作ることができる。」

「明日はやる気がある。」

すぐに行動できると思いがちになっています。

ではなぜ私たちはそのように思ってしまうのでしょうか?

それは、明日の自分を過大評価してしまうからです。

「今日ができなかったのは例外であり、本当の自分であれば簡単にできる。」

「本気を出したらすぐにできる」などと考えてしまうからです。

あなたも経験ありませんか?

自宅に置いてあるエクササイズ器具。

今では使われず、ほこりがかぶってしまっていませんか?

ダイエットしようとしているのに、つい甘い物を食べてしまう。

今日から行うはずなのに、「明日からダイエットしよう」とついチョコレートをつまんでしまう経験ありませんか?

「明日ならできる」という自分への過大評価によって、このように先延ばしにしてしまうのです。

ウィスキンソン大学とデューク大学のマーケティング学の教授の研究によってこの効果は実証されています。

今日できないことは明日もできません。

ならば今すぐにでも始めてみてはいかがでしょうか?

今日、やるためのたった1つの対策

今日、やるための対策としては簡単に行う事ができます。

それは、今日やることができずに、先延ばしにしてしまった原因の行動をつきとめ、その行動を今日だけに行うのではなく、毎日同じように行うことです

例えば、ダイエットの場合。

甘いアイスの誘惑に誘われた時、あなたはものすごく甘いアイスが食べたくなり我慢できそうにありません。

そんなときに、「このアイスを食べると私は1年間、毎日アイスを1つ食べ続けなければならなくなるけど大丈夫?」という風に自分に言い聞かせるのです。

このように食べた分と同じ量を毎日食べるというルールを作ってしまうのです。

そうすることによって、アイスに食べ過ぎによる健康についても考えるようになります。

さらにアイスを食べたうえでダイエットすることがどれほど難しくなるかを再認識することができるのです。

たばこであれば、1本吸ったら次の日も1本吸わなければならない。

2本吸ったら毎日2本吸わなければならないと風にします。

たった一度であれば、許してしまうことも、1年間毎日となると、自分への後悔の念が強くなります。

もし、あなたが何かを先延ばしにしてしまった場合、

「先延ばしにしたら、もっとあなたにどんなツケが溜まっていくだろう」と考えてみてください。

そのときに自分が先延ばしにするデメリットを感じることができれば、あなたは今日から行動することができるでしょう。

実際にこの効果は行動経済学者のハワード・ラクリンによって検証されています。

時間は限られている

私たちは明日ならできると過大評価してしてしまい、先延ばしにしてしまうという事は未来の時間を奪っているという事でもあります。

ある意味、限度額無制限のクレジットカードを持っているようなものです。

しかし確実に借金は溜まっています。。

小さいことを先延ばしにしていくことによって、将来の時間が少しずつ失われていっています。

今日できることは、今日行う事が一番良いでしょう。

ぜひ参考にして、先延ばししてしまう自分と決別しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう