すぐに諦めてしまう人に必要な「やり抜く力」を強くする4つのステップ

あなたが新しいことにチャレンジして3日坊主になってしまった経験はありませんか?

「自分にはできない」

「自分には不向きだった」

など、もし自分以は何かを続けることができないと思っているのであれば間違いです。

やり抜く力は誰にでも備わっており、その力は鍛えることができるのです。

ただやり抜く力を鍛えていないために、今現在諦めてしまう事が多くなってしまうのです。

では自分のやり抜く力を強くするためにはどうすればよいのでしょうか。

4つのステップに分けてご紹介します。

1.興味を持つ

興味を持つとは、自分のやっていることを心から楽しむことです。

楽しいことをやっている人はほかの人にとってはあまり楽しいと感じないことでも楽しく行う事ができます。

自分の嫌なことを続けることは難しいです。

興味を持つことによって、そのことを好きになる入り口に立つことができます。

もし、興味がわかないのであればそれは、やるべきことではないのかもしれません。

まずは興味のあることから探してみましょう。

2.意味のある練習する

意味のある練習とは、「昨日よりも上手くなるように練習する」ことです。

ジムに通う人が行かなくなってしまうのは、ただジムに行っているだけになってしまうからです。

昨日よりも何回ベンチプレスをあげることができた。スクワットができるようになったなど、昨日の自分に比べ、今日の自分が成長を感じていることが大切です。

だからこそ、何か興味を持てることがあったら、その興味のあることを一生懸命打ち込んでみてください。そして、意味のある練習を積み重ねていくのです。

すぐにはわかりずらい成果であっても、その中で小さな変化を記録し、日々改善していくことでやり抜く力を鍛えることができます。

目的を常に認識する

目的がない事に興味を持ち続けることは難しいです。

どんなに興味があって、意味のある練習を行っても目的がないといつか飽きてしまいます。

「自分はなぜこれを行っているのだろう」と考えるようになるのです。

だからこそ、「何のために行うのか」という目的を明確に認識する事が大切です。

そしてただ自分の為だけでなく、他の人にも役立っていると思えるようにすることが大切です。

もしダイエットをしている人であれば、「自分が痩せることによって、彼氏は喜ぶ」など誰かの為に行う事が大事なのです。

やり抜く力が高い人は、長年行っているからこそ、誰かの役に立ちたいと思い始めます。しかし、その境地までたどり着けるのは一握りと言えるでしょう。

ならば、最初から「誰かの為に役に立つ」と意識づけて行うと途中であきらめてしまう事は無くなります。

希望を持ち続ける事

希望とは困難に立ち向かうための粘り強さです。

もしなにか途中で困難ぶつかり、不安になったとしても、ひたすら自分の道を歩み続ける姿勢が大切です。

時には大小さまざまな挫折を味わうかもしれません。

ですが、そこで諦めてしまえば今まで培ってきたやり抜く力は無くなってしまいます。

再度頑張ろうと立ち上がった時に、今まで以上にやり抜く力は増強されます。

「自分は過去にこんな挫折があったけれど乗り越えられた」という自信に変わるのです。

4つのステップを乗り越えたら

これらの4つのステップをのりこえることができれば、あなたのやり抜く力は強くなっています。少しの事で、諦めるという事は無くなるでしょう。

この4つのステップは自分の日常生活ではなんでも当てはめることができます。

ダイエットができない

仕事でうまくいかない。

様々なことに応用することができます。

そして大切なことはこの4つのステップはしっかりと積み重ねることが大事です。

「興味」「練習」「目的」「希望」という4つのステップは、すべて繋がっており、

どれか1つのステップをおろそかにしてはやり抜く力はついてこないでしょう。

もしあなたが何かをやり始めるときはこの4つのステップを試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう